腰痛を解消する方法

腰痛は急性から慢性まであり痛みやシビレなど症状も様々です。一般的に病院でレントゲン検査を受けて「背骨の隙間が狭くなっています」と言われることが多いのですが、背骨の隙間と痛みの因果関係はありません。また、体の柔軟性があったとしても腰痛になります。じつは腰痛の原因は8割不明なのです。症状が腰でも原因が違うなら腰を治療しても改善が見込めません。では、どこに原因があるのか?それは筋肉や関節など器質的な問題と脳や神経の機能的な問題に分かれます。

ぎっくり腰(急性腰痛)

別名魔女の一撃ともいわれるぎっくり腰は一切の動きが困難になります。

脊柱管狭窄症

脊柱管とは脊髄神経が通る管のことでその中が狭くなってしまっている状態です。

椎間板ヘルニア

腰の骨(腰椎)の間にあるクッションの役割である椎間板の一部が飛び出してしまった状態です。左右どちらか又は後方に飛び出して神経を圧迫します。

サブコンテンツ

施術方法

  • 鍼灸治療

    AAA社画像

    腰痛には鍼灸治療が効果的です。ピンポイントで緊張して硬くなった筋肉にアプローチすることが出来るので腰に負担なく治療を受けることが出来ます。

  • 温熱療法

    AAA社画像

    基本的に急性期は冷却、慢性期は温熱が効果的です。しかし、例外的に急性期でも温熱の方が良い場合もあります。

  • 操体法

    AAA社画像

    操体法とは身体が楽な方向へ動かすセッションです。

このページの先頭へ